全日本2歳優駿 特集

2020年12月16日(水) 20:10

G1 川崎競馬場 ダ 1600m

全日本2歳優駿 レース結果


枠番
馬名
タイム
オッズ
1
7
11
アランバローズ
牡2
434(-3)
左海誠 55.0
地方・林正人
1:40.7
(39.4)
5.6倍
2人気
2
6
10
ランリョウオー
牡2
445(-10)
本橋孝 55.0
地方・小久保智
1:41.8
5
(40.1)
16.7倍
6人気
3
4
6
ルーチェドーロ
牡2
496(-4)
戸崎圭 55.0
美浦・高橋裕
1:42.5
3
(40.5)
36.9倍
8人気

全日本2歳優駿 参考ステップレース

JBC2歳優駿(サン Jpn3

11月3日(火) 門別 ダ1800m

1着
8ラッキードリーム
2着
11トランセンデンス
6着
7ギガキング
10着
6ルーチェドーロ
13着
9タイセイアゲイン

ハイセイコー記念競走 G

11月17日(火) 大井 ダ1600m

1着
9アランバローズ
2着
8ランリョウオー

兵庫ジュニアグランプ Jpn2

12月2日(水) 園田 ダ1400m

1着
1デュアリスト
4着
8ルーチェドーロ

全日本2歳優駿 過去のレース結果

全日本2歳優駿 コース分析

騎手別成績

山崎誠士
1着 2着 3着 4着
以下
出走
回数
勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
山崎誠士 12 ** ** ** ** **% **% **% **% **%

全日本2歳優駿 レース掲示板

全日本2歳優駿 関連ニュース

全日本2歳優駿 レースガイド

全日本2歳優駿は川崎競馬場で行われる重賞競走。南関東の2歳(旧3歳)チャンピオン決定戦として50年(昭和25年)に創設された、地方競馬で現存する最古の重賞である。

第1回はダート1200mで施行された。その後、回を重ねる毎に徐々に距離が延長され、59年から現行の1600m戦となる。85年から地方全国交流競走に指定され他地区の地方馬も出走可能に、さらに97年から全国指定交流競走となり、中央馬も含めた2歳(旧3歳)ダートチャンピオン決定戦となった。

01年の馬齢表記の変更にともない全日本3歳優駿から全日本2歳優駿に名称が変更。翌02年に、それまでのJpnIIからJpnIに昇格した。

過去の勝ち馬には、アグネスワールド、アグネスデジタル、ユートピアなど、芝・ダートを問わずに国内外で活躍した名馬が顔を並べ、トーシンブリザード(船橋)、フリオーソ(船橋)など、地方を代表する実力馬も輩出している。

⇒続きを読む

全日本2歳優駿【国際交流】 メニュー

2(水) 園田 兵庫ジュニアグランプリ
3(木) 船橋 クイーン賞
3(木) 笠松 笠松グランプリ
6(日) 帯広ば ばんえいオークス
6(日) 金沢 中日杯
7(月) 水沢 北上川大賞典
9(水) 大井 勝島王冠
9(水) 園田 園田金盃
10(木) 名古屋 名古屋グランプリ
14(月) 水沢 寒菊賞
16(水) 川崎 全日本2歳優駿
21(月) 水沢 白嶺賞
23(水) 浦和 ゴールドカップ
23(水) 園田 兵庫ゴールドトロフィー
26(土) 高知 金の鞍賞
27(日) 佐賀 中島記念
29(火) 帯広ば ばんえいダービー
29(火) 大井 東京大賞典
30(水) 帯広ば ヤングチャンピオンシップ
30(水) 大井 東京シンデレラマイル
30(水) 笠松 ライデンリーダー記念
31(木) 水沢 桐花賞
31(木) 大井 東京2歳優駿牝馬
31(木) 笠松 東海ゴールドカップ
31(木) 園田 園田ジュニアカップ
31(木) 高知 高知県知事賞